相続のカタチ

知ることから答えが見える、相続の問題。

「難しいから後回し」ではなく、問題になる前に適切な対処を。
そのために必要な知識や情報を、
このサイトでお伝えしていきます。

読む相続セミナー

こんな時どうする?

そろそろ、遺言書を用意しなくては。 キーワード「遺言書作成の支援」
どのように遺言をすればよいかお悩みの方へ、
遺言書作成の支援をします。
遺言書作成支援業務 「自分が死んだ後、財産を特定の人にあげたい!」と思ったときなどに必要になる遺言。でも「どんな内容にしたらよいのか」「何か気をつけることはないか」と悩んでいませんか?遺言の方式は民法で厳格に定められているため、不備があるとせっかく作った遺言書を相続の手続で利用できなくなってしまいます。 不動産登記の専門家である司法書士は相続を扱うことも多く、思いをかたちにする遺言書の作成をお手伝いできます。
親に認知症の症状が! キーワード「成年後見人」 「財産管理」
成年後見人として大切な人の財産を
適切に管理するなどします。
成年後見業務 「認知症」「知的障害」「精神障害」などにより判断能力が十分とはいえない方がいます。その方が安心して生活ができるように「成年後見制度」があります。家庭裁判所から選任された成年後見人等が、その方の財産を適切に管理し、また介護・老人施設等の入所に関する契約や介護支援計画等を確認するなど、その方の意思を尊重し権利を擁護します。 成年後見制度については、全国で専門職後見人として最も選任されている司法書士にご相談ください。
父が他界しました。 キーワード「土地の名義変更」 「マイホームの登記」 「抵当権の登記」
お亡くなりになった方の
相続手続をサポートします。
相続業務 「親が亡くなって相続はどうしたらよいのだろう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?相続が開始すると亡くなった方の財産は相続人に引き継がれるのが原則。でも「遺言書がある」「相続したくない」など、事情が異なる場合はどうしたらよいか分からず、「法的知識が必要」「手続が煩雑だ」という理由で相続手続が進まないこともあるかと思います。司法書士は相続による不動産の登記手続はもちろん、相続に関するさまざまな手続についてサポートできます。

相続に関するご相談窓口

愛知県司法書士会
  • 司法書士を探す
  • 総合相談センター
  • 調停センター