相続のカタチ

年々増えている相続放棄、その注意点は?

全国の家庭裁判所で受理される「相続放棄の申述の受理」件数は、年々増加傾向にあります。 そこで、今回は相続放棄についてご説明します。

空き家は「相続」から生まれる?

少子高齢化により人口減少の一途をたどる日本において、大きな社会課題となっている「空き家」問題。その解決に向けて考えてみませんか。

相続税ってなに?相続があればみんなが納めるの?

相続財産を評価するときのルールは非常に複雑なので、自分で判断せず専門家に確認することをおすすめします。

共同相続人との話し合いがまとまらなかったら、 どうすればいい?

相続人が複数いる場合、それぞれの考え方が異なり、話し合いが平行線のままという場合も。 そんな時はどのように解決すればいいのでしょうか。

夫や妻が亡くなったら、自宅を手放す。 そんな事態を避けるには?

夫や妻に先立たれた配偶者が、他の相続人が所有することになった居住用建物に無償で住み続けられる権利を、配偶者居住権といいます。

ついうっかり忘れがち。 接面道路ってなに?

相続財産の把握は、正確な遺産分割協議を行う上でとても重要ですが、ここで注意。 その際、うっかり忘れてしまうのが接面道路の存在です。

相続手続きって何が大変?亡くなった時にするべきことは?

例えばご家族のどなたかがお亡くなりになったとき、悲しむ間もなくさまざまな相続手続きが待っています。

誰が相続人なの?

何事も登場人物がわからなければ、物語は進みません。相続についてのお話も同じです。まずは「相続」に関わる登場人物を見てみましょう。

亡くなった方が離婚していた場合の相続人は?

過去に離婚をした方が亡くなった場合、相続人というのは誰を指すのでしょうか?

相続人に未成年の子がいた場合、遺産分割協議はどうなるの?

相続人に未成年者がいると特別代理人を選任しなくてはならないときがあります。なぜ必要なのでしょうか?

相続手続きの期限とは?

相続が発生したとき、いつまでに何をすればよいのでしょうか?ここでは、亡くなられてから必要な手続きと、それらを行う期限を一覧にしました。

令和3年4月に成立した、相続登記義務化のルールとは?

令和3年4月「民法等の一部を改正する法律」及び「相続等により取得した土地所有権の国庫への帰属に関する法律」が成立し、従来は任意だった相続登記が義務化されました。

相続って、いくらくらいもらえるの?

相続の登場人物がたくさんいる場合、誰がどれくらいの割合で財産を受け継ぐのでしょうか。